nasobeni blog

6.4.fri. PRIMO @ever AOYAMA

b0162968_23512296.jpg


-Jazz,Soul,World, Dance & Live, Good new music, Music with soul!-

ジャズやソウルのグルーヴ感や生のライブを楽しめる空間。僕らはみんながリラックスして音楽を楽しめる場所を作って行こ うと思う。なぜなら,そこに集まる人々は様々な物事に対してとてもオープンな考えを持ってるはずだから... 」を合言葉に、新たな試みと空気感を提案し続けるマンスリーイベント。新旧のジャズ音源を串刺しにした選曲とゲストライブのメインフロア(B2F)、スピ リチュアルジャズ選曲による禁煙ラウンジ(B2F)。DJとミュージシャン達の新しいジャズの感性が交錯し、刺激し合うその空間と瞬間を、ぜひ一度体感し て欲しい。


6.4.fri. PRIMO
@ever AOYAMA

【B2F MAIN FLOOR 】

■DJ-MAIN
城内宏信http://in-the-castle.livedoor.biz/
高橋雄太 / 代田淳平 / 齋藤駿介 / 小野利大/ 反町翼

■DJ-LOUNGE
工藤智志 / 牛嶋シンゴ / MARO / 福岡貴純 / 加藤誠也 / 本田和正

■Live: THE PRIMO LATIN SESSION
デスカルガとはジャズで言うジャム・セッションのこと。1960年代の半ば頃、後のシーンを担うことになるアーティスト たちは、夜な夜なクラブに集まっては、新たなサウンドを追求すべくデスカルガを繰り返していたという...。これらは60年代末、おなじみの「ファニア」 「ティコ」を中心に、サルサというラテン音楽最大のジャンルの成立へと繋がっていく。強烈なデスカルガ・セッションにマンボ、ブーガルー、ラウンジ・ラテ ンに至るまで、古のシーンが持つ底力とその手法は極めてトラディッショナルでシンプル。難しい理論も何もなく、とても肉感的で自然発生的。ミュージシャン たちによる即興的でエキサイティングな"対話"が、独特の親近感と予想不可能な展開を生み出す。夏目前のPRIMOは極めてトラディショナルで本質的な手 法なセッションで皆様を楽しませます! Pianoforte: 小関一馬 / Bass: LUIGE / Percussion: 小川岳史 / Trumpet:尾崎あゆみ

■VJ: 設楽トモヲ ■CANDLE: Rie


【B1F NO SMOKING LOUNGE】

竹花英二(JAZZBROTHERS)http://www.tgelectronic.com/
木村健治 /MOTOKI NAGASAKA /吉田揚子


■PLACE:

ever AOYAMA

OPEN 22:00 CHARGE 3,000YEN/1D at door, 2,000yen/1D with flyerb0162968_23515241.jpg

[PR]
by sesso_matto | 2010-05-24 23:54 | event | Comments(0)