nasobeni blog

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ペンギン食堂

先週久しぶりに新宿に行ったのですが、
朝早くついてしまい、レコード屋もあいておらず
とりあえず伊勢丹のデパ地下で時間をつぶそうを思って入ったところ。
何やら行列ができていたので状況がつかめないまま、
なぜか並ぶことになってしまい(笑)。
で渡されたのが、↓

b0162968_14545195.jpg

辺銀(ペンギン)食堂の石垣島ラー油でした。


近頃モスバーガーでラー油バーガーが出たりと
食べるラー油が出たりとラー油流行っていますね。
でこれ、実はめちゃくちゃ稀少らしく、購入に1年以上待った人もいるみたいです。

私はまだびびって食べれていませんが、
おいしい食べ方を研究して作ってみようと思ってます。
なにかおすすめのレシピとかご存知の方、教えてください。
沖縄の那覇市にあるみたいなのでぜひ一度行ってみたいなあ。
[PR]
by sesso_matto | 2010-06-26 14:58 | life | Comments(0)

7.2.fri.PRIMO

b0162968_12531928.jpg


7月のPRIMOは
オーストラリアから"Blair Stafford" が来日、ゲストDJ で登場します。
今からどんなレアなセットやトリッキーなプレイが見られるのか楽しみです。
気になる方は、彼の最新プレイリストをぜひチェック!
straightup.com.au
http://www.straightup.com.au/page?n=1718

GUEST DJ: Blair Stafford(3 PBS FM / straightup.com.au)

ブレアはフリースタイルのDJ・選曲で数多くの場所においてDJを経験し、これまでに多くの人に幸せで楽しい瞬間を捧げてきた。
彼のDJセットは、カラフルでバラエティに富んだ音楽でグルーヴを生み出し、いろんなリズムやスタイルをミックスしている。
たとえば、ビーツにレアグルーブを絡ませたり、ラテンのツイストにファンキーでヘビーなベースラインを持つディープジャズを
持ってきたりハウスやヒップ・ホップのテイストも盛り込む。UKのLove Sexy Mag誌では「どん欲な音楽コレクターである彼のDJセットでは、
いろんな曲のスタイルを聞く事ができるだろう。クラシックジャズからソウルグルーブ、打ち込みまで多種多様ブレンドされている。
時には4時間かけ、ジャンルの壁を超えたセットを披露することもある。
ブレアは、いわゆる現代のジャンルに凝り固まったDJではなく昔ながらのDJであり続けるだろう」と評価された。
ビヨンド・ジャズ・ポールでは “Best Music Website 2006"を受賞したサイト、www.straightup.com.au のクリエイティブ・ディレクターでもあるブレアはメルボルンにおける音楽フェスティバルSt. Heliers Festivalに音楽ディレクターとして関わっている。またメルボルンではVictorian Arts CentreやRed Benniesでレジデントをつとめ、またマンスリーのギグ「Jazz Rooms Melbourne」ではRuss Dewburyとともにジャズ、ファンク、アフロ、クロスオーバー、ブギー、などの選曲で常にダンスフロアを熱くしている。ベルリンのArts Collegeで音楽を学び、8年間ドイツに住むあいだ、ブレアはテクノ、アシッド・ジャズの生誕を目の当たりにした。向こうでは7年ほどDJとして、Delicious Doughnutsでレジデントを持ちTresorやTachelesといったパーティでプレイしてきた。90年代にオーストラリアに戻るとDJやサックス奏者として数々のベニューでプレイしたり、音楽コーディネーターとして活動する。これまでにThe Bamboos、Flow Dynamics、FDEL、Deep Street Soul、The RAah Project、Ray Mann Threeなどのアーティストと仕事をしている。2006年にブレアは www.straightup.com.au を立ち上げた。オーストラリアから発信されるインターネットのラジオステーションで、先述の “Best Music Website 2006"を受賞したサイトである。毎月、6万人近いリスナーがアクセスをしている。「straightup. では、本当に良い音楽に出会える。広範囲に網羅している、おそらく音楽ポータルのなかでもベストではないかとおもう」Shook Magazine (UK) 20082008年になると、Straightupは国内のフェスティバルの参加する機会が多くなった。Playground Weekenderでは、「Straightup STAGE」を設置。またChill Island FestivalのRed Bus Stageは、西脇チカシ、The Dusk Brothers、Karsten Johnと、そしてChill City FestivalやAustrlasian World Music Expoにも参加した。現在ブレアはCastlemaine Arts Festivalのクリエイティブ・ディレクターで2011年The Abbotsford Conventで開催される予定の新しいフェスティバルにも関わっている。また自身で設立した新しい会社では、The RAah Project、Paper Plane ProjectなどのアーティストのマネージメントとA&Rを担当している。
一番、最近ではPeats Ridge FestivalでのRussian Love Disco Tent でDJをし、レアな音で多くの人を熱狂させた。
彼のラジオショーは毎週火曜日の朝9am-INSIDE VIBE (PBS FM)でオンエア中である。http://www.myspace.com/blairstafford

b0162968_1254783.jpg

[PR]
by sesso_matto | 2010-06-10 13:05 | event | Comments(0)

happyscale

b0162968_23332252.jpg

僕の20代のほとんどを共にした集まりでした。

”POP&SIMPLE”をテーマにできた当初は、メンバーは20人以上いて
活動の拠点はクラブではなくて主にデザインフェスタや展示会などがメインでした。
それから数年後、拠点をクラブに移してからは音楽を中心とした活動へシフトしてやってきました。
そんなhappyscaleですが、2010年6月6日のイベントをもって9年間の歴史に幕を閉じました。

最後来てくれた方、応援してくれた方、お手伝いしてくれた方、
ゲスト出演いただいた方、スタッフの皆様、
今までありがとうございました。

たくさんの出会いや別れ、喜怒哀楽を共にしたhappyscaleは
僕にとって最高の思い出です。
またメンバーだったみんなも個々の活動を行っていますので、
今後はそちらでの活動をあたたかく見守っていただければと幸いです。
本当に本当にありがとうございました。

■DJ
高橋雄太、矢野崇、荻田泰弘、岩村隆、斉藤愛、松下大亮

■Designer
藤村千夏
[PR]
by sesso_matto | 2010-06-09 23:34 | life | Comments(0)